OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LURES

おにぎりジグ

波動スライド       感じさせ喰わせる

DSC_0320 (2)波動各サイズ (3)

130g ¥1,800(税抜)    150g  ¥1,950(税抜)    180g ¥2,100(税抜)

①ブルーホロ②ピンクホロ③シルバーホロ④アルミシルバー⑤ブルーピンクホロ⑥アルミブルー⑦アルミピンク⑧レッドゴールドホロ

 

このジグの特徴は波動が強く、魚を引っ張ってくる力が強い。波動とスライドアクションで魚にスイッチを入れ、

水平フラッシングフォールで見せて喰わせる。スライドさせやすく、飛びすぎず飛ばなすぎず、ちょうど良いスライド幅

なので非常に操作しやすい。その後、水平姿勢でフラッシングしながらゆっくりとフォールするので、喰わせの間がとり易い。

タックルと状況をあまり選ばないで使用できるので、オールマイティに使用できる。

使用方法

普通のワンピッチワンジャーク、スローからハイピッチまで様々なジャークに対応するので、個々で好きなジャークを状況によって

試してほしい。特に状況も選ばないが、潮が早すぎる時だけは、強めの道具を選んで、潮に負けないように強くジャークしてほしい。水切り

の良いシャープナーに変えても良いが、潮が早いときほど波動スライドの魚を呼び寄せる力を発揮するので、この違いを体感してほしい。

 

 

シャープナー     見せて喰わせる

DSC_0333 (4)

130g ¥1,800(税抜)

①ブルーホロ②ピンクホロ③シルバーホロ④アルミシルバー⑤ブルーピンクホロ⑥アルミブルー⑦アルミピンク⑧レッドゴールドホロ

 

このジグは、波動スライドで使用しづらい状況に対応するために開発した。どうしても潮が早すぎるとき、波動スライドだと潮を噛み

過ぎて、キレが出なくなる。そこで水切りが良く、キレのある動きをだしやすいシャープナーが誕生した。波動スライドと比較すると、

スライド距離は少し短く、角度も狭く、斜めにスライドする。潮が遅い状況にもフィットし、飛びすぎないのでジグがストンと落ちる前に

ジャークできる。スピードで青物にスイッチを入れ、安定した水平姿勢がミスバイトを少なくし、着実に喰わせる。視覚で追わせ、

視覚で喰わす。澄潮や早い潮、風が強いときのドテラ流しに使いやすい。

使用方法

キレのあるアクションをさせやすくしてあるので、スライドの幅やジャークの強さに注意してほしい。潮が速いときは強めのジャーク、

潮が緩いときは弱め、もしくはジャークの幅を狭くして、ショートジャークで使用すると良いだろう。潮が緩く、なおかつ澄んでいる時は

状況的にかなり厳しいが、そんな状況ではシャープナーを使う。ジグが飛び過ぎて、失速しないぎりぎりの距離をかなり早いスピードで

シャープナーをスライドさせると、口を使ってくれるときがある。ショートからロング、スローからハイピッチまでの様々なジャークに

対応。状況によって様々なジャークを試してほしい。答えは魚が導きだしてくれるだろう。

 

カラー

SP130gホロ (2) - コピーSP130gアルミ (2) - コピー